プロバスケットボールBリーグ1部(B1)は第22節を終え、シーズン60試合の3分の2を経過した。秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、現在11勝30敗で東地区5位。B1全体では15位で、残留プレーオフ(PO)出場圏内に低迷する。残留PO回避へ、改善のポイントは終盤のオフェンスにある。

 補強があった1月以降の12試合の戦績は4勝8敗。フォワード・ラベネルの加入で攻撃に改善の兆しは見られるが、終盤の競り合いを勝ち切れない試合が目立った。

...    
<記事全文を読む>