日本バスケットボール界の顔、栃木ブレックスの田臥勇太が、先日50歳の誕生日を迎えた日本サッカー界の先駆者、三浦知良について、思いを語った。

  ◇  ◇  ◇ Bリーグの「レジェンド」が、Jリーグの「キング」の姿に重なった。

 J2が開幕した2月26日、50歳の誕生日を迎えたカズこと三浦知良(みうらかずよし)(横浜FC)。27歳の時、当時世界最高峰と言われたイタリア・セリエAでプレーしたのに対し、B1栃木ブレックスの田臥勇太(たぶせゆうた)は24歳の時、米NBAのコートに立った唯一の日本人選手。競技は違うが2人がこれまで歩んできた道は共通点が多い。

 田臥は「50歳まで現役でやることのすごさ...    
<記事全文を読む>