バスケットボール男子Bリーグ2部の青森ワッツは5日、八戸市東体育館で西地区2位の広島ドラゴンフライズと対戦し、74―82で敗れた。順位は東地区4位のまま。

 第1クオーター(Q)、ワッツは残り4分でファウルを5つ重ねてしまい、相手にリードを許す展開に。だが、第2Qでは、粘り強く得点を重ねて41―37で折り返した。

 後半は一進一退の攻防が続いたが、第4Qでのターンオーバーの連発が響き、引き離された。

 次戦は11、12日、鹿児島県総合体育センター体育館で、西地区の鹿児島レブナイズと対戦する。

...    
<記事全文を読む>