バスケットボール女子のU-19(19歳以下)日本代表候補選手に徳島市出身の藤本愛妃(19)=東京医療保健大1年、小松島中-桜花学園高出=が選ばれた。妹の愛瑚(17)=桜花学園高2年、小松島中出=もU-18代表選考につながるエントリーキャンプのメンバーに入った。

 藤本愛妃は179センチの得点力に優れたパワーフォワード、愛瑚は精度の高いシュートを武器にしたシューティングガード。2人は10~12日、東京都内のナショナルトレーニングセンターで強化合宿に参加する。

 U-19代表候補は20人。7月下旬にイタリアで開かれるFIBA(国際バスケットボール連盟)U-19女子バスケットボールワールドカップ...    
<記事全文を読む>