バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は4日、水戸市青柳公園市民体育館などで8試合を行い、茨城ロボッツは奈良に88-72で快勝し、ホーム戦の連敗を13で止めた。通算成績は16勝25敗で順位は東地区5位のまま。

 ロボッツは第1クオーター、2月末に加入した青島が攻守にわたり活躍し23-15と圧倒。第2クオーターに追い上げられたが、後半は再び主導権を握った。リック・リカートはチームトップの25得点を決め、2試合ぶりの勝利に貢献した。■大きな変化の兆し ロボッツ・岩下桂太HC 長いホーム連敗を抜け、単純にすごくうれしい。期待に応えられない時期があった中で、勝ち切ることができ、チームにとって...    
<記事全文を読む>