84-87の延長残り15秒。仙台のホワイトがゴール正面でボールを持つと、ドリブルで相手守備を揺さぶって3点シュートを放つ。決まれば同点。しかし、ボールはリングをなめるように落ちた。

 71-74の第4クオーター残り8秒で、ほぼ同じ位置から3点シュートを沈めていた。だが、2度目の起死回生はならなかった。「自信を持って打ったが残念」とホワイト。昨季NBL王者の川崎相手に食い下がったが、最後に力尽きた。

 この日のホワイトは勝負強かった。第4クオーターだけで12得点。引き離されそうな場面でシュートを決めた。第3クオーターまでは無理に攻めずパスを散らし、チームにリズムをもたらす冷静さもあった。

 チ...    
<記事全文を読む>