バスケットボールB1リーグ東地区5位の仙台は3日、仙台市のカメイアリーナ仙台で中地区首位の川崎に延長の末に86-91で惜敗し、連勝が2で止まった。仙台は通算11勝29敗で、順位は東地区5位で変わらない。

 40-38で前半をリードして折り返した仙台は、第3クオーターに逆転を許した。第4クオーター終了間際に74-74としたが、延長で突き放された。

 4日も同じ会場で川崎と対戦する。◎残り1分で3失点川崎(34勝6敗)/91 86/仙台(11勝29敗)          17-21          21-19          19-14          17-20           延...    
<記事全文を読む>