バスケットボール男子、B1東地区5位、B1全18チーム中15位(下位4チームは残留プレーオフ出場)の仙台は3、4の両日、仙台市のカメイアリーナ仙台で、昨季NBLを制した川崎(中地区1位)と戦う。2日は同市のHALEOドームで約1時間半、調整した。

 シュート練習後の実戦メニューでは、佐藤が速攻から3点シュートを沈めていた。特別指定選手の谷里が合流し、攻撃のシステムなどを確認していた。

 川崎戦の次は11、12日の昨季NBL準優勝の三河(西地区1位)戦と、優勝候補との対戦が続く。間橋監督は「全て勝つつもりで一戦一戦に臨む。川崎戦では(2連勝中の)勢いをそのまま持ち込み、チャレンジしたい」と語...    
<記事全文を読む>