バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の茨城ロボッツは1日、B1に昇格できる資格のクラブライセンスを取得した。同日、Bリーグがライセンス判定結果を発表した。これにより、ロボッツが順位条件を満たせば、来季B1に昇格できることになる。 ロボッツは新リーグが発足した今季、施設や財政面でB1の条件を満たせなかった。ホームアリーナが「5千席以上の観客席数」という施設の条件は今回、2019年オープン予定の水戸市東町の新体育館を使用することでクリアした。 財政面では、開幕前の昨年6月に62社だったスポンサー数が121社と倍増。フロントスタッフも増員し体制強化した。ただ、まだ万全ではないとして...    
<記事全文を読む>