川崎戦で、間橋監督がキーマンに指名するのがホワイトだ。リーグ屈指の外国人のファジーカスを前にすれば、負けん気が強いエースが「意地を見せてくれるはずだ」(間橋監督)。

 ファジーカスはふわりと浮かせるフローターシュートが大きな武器。身長の低い選手が長身選手のブロックショットをかわすために放つことが多いシュートで、210センチのファジーカスが打つと誰も触れることができない。

 198センチのホワイトは高さでは劣るが、「まずシュートを打たせないような守り方が大切。チームで守ればそれほど得点されない自信がある」と強調する。

 ホワイトが最も期待されるのが1試合平均19.6得点の攻撃で、スピードで相手...    
<記事全文を読む>