サッカーの第97回天皇杯全日本選手権の県代表決定戦を兼ねた第21回県総合選手権は26日、山形市球技場で準決勝2試合を行い、FCパラフレンチ米沢と山形大医学部サッカー部がそれぞれ勝利し決勝進出を決めた。

 FCパラフレンチ米沢は山形大体育会サッカー部を1―0で、山大医学部は酒田琢友クラブを9―2でそれぞれ下した。決勝は4月9日に同会場で行われる。

...    
<記事全文を読む>