UAE戦に続き、指揮官が守護神に指名したのは川島だった。その期待に見事に応えた。埼玉スタジアムでの代表戦は、2015年6月16日のW杯アジア2次予選のシンガポール戦以来。スーパーセーブ連発で2試合連続の完封勝ちに導いた。

 最大の見せ場は4―0の後半41分だ。長友が与えてしまったPKを自身の右側に跳び、完璧にストップ。「何となく、あっち(右)で勝負しようかなと。タイミングだけ合わせた。止められてうれしかった」。川島らしい渾身(こんしん)のガッツポーズに埼スタがさらに揺れた。

 前半35分と後半6分の決定機も2度防ぎ、「内容自体は難しかったが、自分たちが上に立つという意味でも、大切な勝ち点3...    
<記事全文を読む>