サッカーの第97回天皇杯全日本選手権の県代表を決める第28回県選手権(県サッカー協会主催、長崎新聞社など共催)第1日は26日、長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場で1回戦が行われ、長崎総合科学大が三菱重工長崎に5-1で快勝した。長崎総科大は決勝(4月2日・島原市営陸上競技場)で昨年王者のMD長崎と対戦する。

 九州リーグの重工長崎と社会人、大学各予選を勝ち抜いた計3チームが出場。今季の天皇杯が4月22日に開幕するため、昨年まで6月開催だった県選手権も前倒しした。

 長崎総科大は前半26分、MF福本のゴールで先制。30分にFW中島が追加点を奪い、2-0で折り返した。後半開始早々、重工長崎D...    
<記事全文を読む>