サッカーの県社会人選手権は19日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿で準決勝2試合があり、鈴鹿アンリミテッドFCとTSV1973四日市が25日に同所で開く決勝進出と、4月2日開幕の県選手権(天皇杯全日本選手権県代表決定戦)出場を決めた。

 鈴鹿アンリミテッドFCは9―0でFC鈴鹿鈴鹿クラブを下し東海社会人リーグ1部チームの意地を見せた。

 今季東海社会人リーグ2部で戦うTSV1973四日市は、同リーグ1部のFC伊勢志摩を1―0で退けた。

 4月2日に開幕する県選手権に出場する社会人2チームを決める目的で開催。今季JFLを戦うヴィアティン三重は県選手権から出場し、県社会人選手権の準優勝チームと初戦...    
<記事全文を読む>