福井工大福井高3年のDF吉川小夜子が、日本女子サッカーチャレンジリーグの大和シルフィード(神奈川)に入団し、4月からプレーする。身長149センチと小柄ながら努力を重ね、なでしこで活躍するという夢への第一歩を踏み出した。「将来は日本代表に」と意気込んでいる。

 吉川は新潟県出身。小学2年でサッカーを始めた。めきめきと頭角を現し、小学6年時には男子に交じり、日本サッカー協会(JFA)のエリートプログラム北信越代表に選ばれるほどに成長した。

 実績と自信をつかんで中学に進み、男子サッカーチームに入団。しかし、男子との体格差やコミュニケーションがうまくいかず、壁にぶつかった。「このままではいけない...    
<記事全文を読む>