サッカー北信越リーグ1部のサウルコス福井は18日、福井市内で今季の新入団選手発表会見を開いた。Jリーグ経験者ら新たに加わった10選手は日本フットボールリーグ(JFL)昇格に向けて「全力で頑張っていきたい」と意欲をみなぎらせた。

 チーム陣容は23選手となった。今季から指揮を執る望月一仁監督(59)は各ポジション1人ずつを基本に「ある程度補強できた」と説明。「サイド、中央からの崩しができる選手がそろった。積極的な攻撃主体のサッカーをしたい」とした。

 新入団選手は自己紹介で「JFL昇格に向けて貢献する」と口々に抱負を語った。同リーグ1部のJAPANサッカーカレッジ(新潟)から加入したMF山城...    
<記事全文を読む>