20日に埼玉県で開かれるブラインドサッカーの国際親善試合「さいたま市ノーマライゼーションカップ2017」に、日系ブラジル人で筑波技術大3年の佐々木ロベルト泉(38)が日本代表として出場する。16日に同大で記者会見し、昨年のリオデジャネイロ・パラリンピックで優勝した強豪・ブラジルとの対戦に「絶対に母国に勝ちたい。一生懸命、150パーセント頑張りたい」と意気込みを語った。ブラインドサッカーは転がると音が鳴るボールを使う視覚障害者向け競技。1チーム5人制で、佐々木はフィールドプレーヤーとして戦う。大会は2013年から開催され、今回で5回目。日本はブラジルと13年に対戦し、敗れている。同大から...    
<記事全文を読む>