兵庫県加古川市を拠点とする社会人サッカーチーム「バンディオンセ加古川」の運営会社と、新電力会社「レジェンド電力」(東京都)は4月から、電力小売り事業「バンディオンセ電力」を始めると発表した。電気料金の一部をチームの運営費に充てる。関係者は「収入の柱の一つになってほしい」と期待を込める。

 チームを運営する会社「フトゥーロ エストレージャ」の大塚靖治社長と、レジェンド電力の立川光昭社長が13日、同市内で会見した。両社の説明によると、一般家庭が同電力に契約を切り替えた場合、関西電力などと料金単価は変わらないが、料金の1~10%がチームに回るという。

 立川社長は「これまでと同じ料金でチームを支...    
<記事全文を読む>