フットサルの全日本選手権第3日は12日、岸和田市総合体育館ほかで1次ラウンドの12試合を行った。D組のエスポラーダ北海道(Fリーグ)はすみだ(Fリーグ)に3―3で引き分けた。勝ち点7ですみだと並んだが、得失点差で同組2位となり決勝ラウンド進出を逃した。C組のディベルティード旭川(北海道)は同大クトレボル(京都)に7―6で競り勝ったが、同組2位で敗退した。

...    
<記事全文を読む>