サッカーのU-20(20歳以下)日本代表候補は8日、東京都小平市でJ1のFC東京の控え組と練習試合を行い、森島(広島)と15歳の久保(FC東京ユース)の得点で2-0の勝利を収めた。5月開幕のU-20ワールドカップ(W杯)に向けた2日間の合宿を終え、今月下旬には欧州へ遠征して強化を進める。

 前半16分に森島がPKのはね返りを押し込み先制。後半はメンバーを総入れ替えし、8分に右クロスから、小川(磐田)を経由したボールを久保が蹴り込んだ。

 注目の久保は高い適応力を見せた。7日の紅白戦は前線で孤立したが「終わった後にみんなと話し、こういう動きをするのでこういうボールが欲しいと要求した」と言う。...    
<記事全文を読む>