2020年東京五輪のサッカー競技の追加会場に関し、大会組織委員会がカシマサッカースタジアム(鹿嶋市)を軸に選定するとする報道を受け、橋本昌知事は3日、「大変ありがたいこと。ぜひとも誘致を実現したい」と改めて会場選定に意欲を示した。

 同日の県議会代表質問で井手義弘氏(公明)の質問に答えた。東京五輪のサッカー競技は既に新国立競技場など6会場が決まっているが、カシマを含む3会場が追加候補に挙がっている。

 橋本知事は「このチャンスを逃すと本県での五輪開催はまずない」と述べ、5月に開かれる国際サッカー連盟の評議会や7月の国際オリンピック委員会の理事会での決定に期待を寄せた。

...    
<記事全文を読む>