サッカー明治安田J3第3節は26日、FC琉球は福島県のとうほう・みんなのスタジアムで福島ユナイテッドFCと対戦し、0ー1で敗退した。琉球はゴールを奪えず、今季初白星はならなかった。今季1分け2敗となった。

 琉球は前半、右サイドバックの藤澤典隆らが果敢に攻め上がり、相手守備とゴールキーパーの間のスペースへボールを送った。トップの前田央樹の惜しいシュートも数回あったが、得点を奪うことはできなかった。

 後半に入ると、福島のパスが徐々につながり始め、琉球は決定機をつかめなかった。25分にディフェンス陣がボールを回している場面でカットされ、そのままパス1本でノーマークをつくられ、ゴールを割られた...    
<記事全文を読む>