明治安田J3リーグは25日、愛鷹多目的競技場などで第3節の4試合が行われ、沼津が藤枝との県勢対決を4―1で制し、参戦2戦目で初勝利を挙げた。1―1の後半18分、沼津は薗田がゴールを決めて勝ち越し。37分に沓掛、43分に前沢が追加点を奪った。

 ■歴史刻み「特別な思い」 ホームで迎えた初のJ3県勢対決で、藤枝に4-1と快勝した沼津はJリーグでの初勝利も同時に飾った。吉田監督は「Jの舞台で活躍するために選手は戦ってきた」と、クラブの新たな歴史に喜びをかみしめ、選手たちも「特別な思い」を口にした。立ち上がりはリズムをつくれず先制を許したが、前半42分、中村のクロスに小牧が合わせて追いついて流れ...    
<記事全文を読む>