サッカーのAC長野パルセイロは今季、育成部門を強化するため、育成普及本部を新設し、本部長に県内で指導経験の豊富な元AC長野代表の丸山朗氏(63)を充てる。就任は4月1日付。

 育成普及本部は、AC長野のU―18チームやU―15チーム、サッカースクール、シュヴェスターチーム(女子チーム下部組織)を統括。丸山氏は長野高から上智大を出て1978年に坂城高に赴任、サッカー部顧問に。長野南高や長野吉田高、長野工高でも指導した。92年の山形国体では少年県選抜チームを率いて6位に。県サッカー協会常任理事などを歴任した。

 丸山氏は90年にAC長野の前身長野エルザSCを結成、2008年までAC長野代表。今...    
<記事全文を読む>