開幕2連勝で首位を走る長野を迎える。ガイナーレは前線からの積極的なプレスで相手の中盤を抑えて、ホーム初勝利を狙う。ミニゲームで原口(右)と競り合いながらパスを出す沼(中央)=22日、養和会YAJINフィールド 長野は2試合無失点と堅守が光る。軸は新加入したボランチ。元北九州の新井は的確なさばきと寄せ、元京都の国領は左足からの精度の高いパスを前線のFW勝又に供給する。名古屋から移籍した元日本代表の明神は控えだが、主将として精神的主柱。

 ガイナーレは強力な相手の中盤をどう抑えるかがポイントとなる。マッチアップだけでなく、出どころの最終ラインを原口、加藤らが仕掛けてリズムを崩し、ボールを奪え...    
<記事全文を読む>