明治安田J3第2節は19日、各地で残り3試合を行った。栃木SCは鳥取市のとりぎんバードスタジアムで鳥取と対戦し、1-1で開幕戦に続いて引き分けた。

 栃木SCは琉球との開幕戦と同じ3-4-3の布陣で臨み、ボランチに岡崎建哉(おかざきけんや)、ウイングバックにDF多田凌輔(ただりょうすけ)を先発で初起用した。

 風下に立たされた前半は中盤での球際の競り合いやこぼれ球への反応で後手に回り、相手にボールを支配された。同19分にはペナルティーエリア手前のこぼれ球に詰めたFW牛之浜拓(うしのはまたく)が左足で蹴り込み先制したが、ロスタイムにDFラインの裏にスルーパスを通され、同点に追い付かれた。

 次...    
<記事全文を読む>