サッカーJ3FC琉球の今季メインパートナーとなったリウボウインダストリー(那覇市)とクラブ側が16日、同社で会見を開いた。同社はクラブが地域に根差し県民に愛され、世界に羽ばたくよう観客増やファン拡大に向けた支援のほか、若手選手の人間形成を目的にインターンシップ受け入れなどを行っていく。メインパートナーとして今季から胸部分に「RYUBO」のロゴが入ったユニホームを着用する。同社は支援例としてFC琉球グッズの期間限定販売やクリスマス、バレンタインデーなどのシーズンイベントへの選手参加でより幅広い層へのアピールを挙げた。また、平均年齢22・6歳という若い選手たちに就業体験させる試みなども計画...    
<記事全文を読む>