今季からサッカーJ3入りするアスルクラロ沼津で、福井商業高出身の坂川翔太ヘッドコーチ(27)が奮闘している。元日本代表FW中山雅史、MF伊東輝悦らベテランも多いが、キャリアに関係なく選手全員に大きな声でげきを飛ばし、心身や技術強化をサポートしている。

 練習の拠点は静岡県沼津市の愛鷹広域公園スポーツ広場。2月下旬、軽いランニングからトレーニングがスタート。チューブを使った体幹トレーニングに移ると、選手の動きをチェックして回る。「耐えて、ユウタ。(屈伸は)深さを出して」「ノブ、バランスを崩すな!」。

 攻守の切り替えをテーマにした4対4のミニゲームでは「(切り替えが)遅い」「速く寄せろ」。ベ...    
<記事全文を読む>