ボランチとサイドハーフ、さらにDFもこなすユーティリティープレーヤー。ボール奪取の能力が高く、鹿屋体育大ではサイドバック、ボランチの定位置を確保し、攻守でチームに貢献した。

 空中戦での飛び出しの良さ、コンタクトプレーでの強さ、運動量の豊富さが特長。杉山弘一監督は「今季、最も相手ボールを奪うのは藤山だと思う。複数のポジションをこなす適応力があり、チームにとってとてもありがたい選手」と語る。

...    
<記事全文を読む>