フィジカルの強さが自慢。神奈川大時代は主にセンターバックとしてヘディング、コンタクトプレーで存在感を発揮した。

 杉山弘一監督は「足が速くてキックも正確。日本代表を目指せるほどの可能性を秘めている」と期待する。神奈川大のコーチに「武器を磨け」と言われ続け、レベルアップに励んできたヘディング技術は杉山監督のお墨付き。開幕戦に向けて、課題に挙げる足でのボールさばき、判断力の向上に力を入れている。

...    
<記事全文を読む>