日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸は19日、八戸市のダイハツスタジアムで今季のホーム開幕戦を迎えた。2345人の観客が見守る中、ヴィアティン三重に1―0で勝利した。チームは開幕から3連勝。悲願のJ3昇格に向け、元日本代表主将の柱谷哲二氏を監督に迎えた〝新生ヴァンラーレ〟が好スタートを切った。

 前半5分、村上聖弥のゴールで先制すると、幾多のピンチをしのぎ、この日を待ちわびたサポーターに勝利をプレゼントした。

...    
<記事全文を読む>