今季日本フットボールリーグ(JFL)に昇格したヴィアティン三重のホーム開幕戦は、12日午後1時から四日市市日永東の中央緑地で行われる。昨季6位で、2015年の覇者ソニー仙台と対戦する。

 ヴィアティンは十日、桑名市のNTN総合運動公園で練習し、セットプレーからの攻撃や守備の動きを確認した。海津英志監督は「ソニー仙台はどんどんポジションを入れ替えて攻撃してくる運動量の多いチーム。相手の攻撃を止めた後のカウンターが一つのかぎになる」と話す。

 開幕戦ではサイド攻撃が機能し、後半のシュート数はホンダロックを大きく上回った。海津監督は「今回も両サイドの選手たちに期待したい。やることはやったので、あ...    
<記事全文を読む>