サッカーJ2のFC岐阜は、開幕から2分け3敗と今季、初勝利が遠い。第5節終了時点で未勝利は、2013年シーズン以来4年ぶり。得点チャンスで決めきれず、逆に一瞬の隙を突かれて全試合で失点している。攻守ともに発展途上の状態だが、自ら仕掛ける今季のサッカーを貫く。

 岐阜市の北西部運動公園で行われた二十八日の練習。パスを回したり、シュートを放ったりする選手からは「ナイスタッチ」「それじゃ取られるぞ」と活発に声があがり、チームの雰囲気は明るい。

 ここまで四得点、七失点で、黒星の三試合はいずれも一点差。二年連続で最多失点した昨季までのような、大勝も大敗もする大味な試合はない。きっかけをつかめば波に...    
<記事全文を読む>