サッカー明治安田J2の第5節最終日は26日、松本市のアルウィンなどで6試合があり、松本山雅は名古屋に1―2で敗れ、連勝は2で止まった。2勝1分け2敗で勝ち点7の松本山雅は7位から10位に後退。名古屋は8位タイから5位タイに浮上した。

 前節と同じ先発メンバーの松本山雅は前半15分、田中が倒されてPKを獲得。これを高崎が確実に決めて先制した。その後の好機を生かし切れずに迎えた後半は、開始直後にオウンゴールで失点し、43分にも自陣左サイドを崩されてオウンゴールで逆転を許した。

 福岡は山形に0―0で引き分けて5位タイ。大分は熊本を1―0で下して8位。湘南が4勝1分けの負けなしで首位に立っている...    
<記事全文を読む>