「青」に染まったスタンドから大声援が響いた。サッカーJ2・モンテディオ山形のホーム開幕戦は19日、天童市のNDソフトスタジアム山形で行われ、山形は讃岐と0―0で引き分けた。山形新聞社の冠マッチとして行われた待望の一戦。試合前から特設ブースなどはにぎわい、約9800人が集まった会場はプレーに一喜一憂。サポーターからは「次こそ勝利」と期待する声が聞かれた。

 この日はスタンドに家族連れが多く見られた。新庄市松本から訪れた同市日新小2年二戸啓心君(8)は「シュートが入りそうで入らない」、父の自営業大輔さん(36)は「良いサッカーをしていたので『応援しなければ』と思って来た。今日はビルドアップ(...    
<記事全文を読む>