サッカーJ2・モンテディオ山形は16日、讃岐とのホーム開幕戦(19日)に向け、天童市の県総合運動公園サブグラウンドで練習した。ピッチを狭めた試合形式の練習などで汗を流し、前節を欠場した主将のMF本田拓也も球際の激しいプレーで復調をうかがわせた。DF荒堀、1.5列目に「すごく新鮮」 この日の試合形式の練習で、主力組の2シャドー(1.5列目)の左にDF荒堀謙次が入った。昨季までのポジションはサイドの中盤から後ろ。学生時代も含めて前線のプレー経験は少ないといい「すごく新鮮。楽しいっすよ」。表情から充実感が伝わってくる。

 キャンプの途中でコンバートされ、当初は「意外な思いもあった」という。守備...    
<記事全文を読む>