大銀経済経営研究所は、今季サッカーJ2に復帰した大分トリニータに関するアンケート結果をまとめた。J3優勝も飾った2016年シーズンのチームの活躍度評価は、5点満点で3・7点。J1昇格を決めた12年シーズン(4・2点)に次ぐ高評価となった。

 アンケートは1月中旬に県内の大分銀行本店・支店を訪れた700人に無記名で実施。672人が回答した。

  トリニータの16年シーズンのホーム入場者数は1試合平均7771人。J3全体の1試合平均の入場者数2957人を大幅に上回ったが、J1で活躍していた00年代半ばと比較すると、近年は低水準で推移している。

 アンケートによると、16年シーズンの活躍により「サ...    
<記事全文を読む>