サッカーJ2の金沢は十二日、ホームの県西部緑地公園陸上競技場での開幕戦となった第三節で湘南と対戦し、0-0で引き分けた。開幕二連敗で迎え、今季初めての勝ち点を手にした。順位は二十一位のまま。

 開幕二連勝で前節を終えて首位の湘南に対し、金沢は前節までの4バックではなく、5バック気味の守備的な布陣で入った。前半は相手にボールを持たれる時間が長く、ピンチも何度かあったが、新加入のGK白井裕人選手が一対一の場面で体に当てて防ぐなど、守備陣の奮闘でしのぎ切った。逆に高い位置で相手ボールを奪ってカウンターを見せ、ワントップを務めた新加入のFW佐藤洸一選手がシュートを放つシーンも。

 後半は金沢がサイ...    
<記事全文を読む>