J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良が12日、Jリーグ史上初めて50歳でゴールを挙げた。横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われた第3節の群馬戦で自身の持つJ2最年長得点記録を50歳14日に更新した。前半40分、味方のシュートのこぼれ球に反応して左足で決めた。

 プロ32年目の三浦は2月26日の誕生日と重なった開幕戦から3試合連続で先発出場し、ゴールは昨年8月のC大阪戦以来。J1の最年長得点記録はジーコ(鹿島)の41歳3カ月12日。

     ◇ キックオフ前に黙とうをささげた試合で、偉業を成し遂げた。群馬戦に先発出場した三浦は、Jリーグ史に残る50歳での初ゴール。「試合前から心の中にはあった...    
<記事全文を読む>