10日夕の記者会見から一夜明けた11日、サッカーJ2、V・ファーレン長崎の荒木健治会長(60)があらためて開いた会見で口にしたのは、地元企業からの支援受け入れだった。前日はNOVAホールディングス(東京)の支援案採用を表明したが、株主らが反発。クラブ側は深夜に役員で協議し、長年クラブを支える筆頭株主のジャパネットたかた(佐世保市)の支援を受ける方針に転換した。支援を巡る混乱は、ひとまず回避できたと言える。

 10日昼に全面支援を表明したジャパネット案に対し、V長崎は同日夕の会見で「クラブ側に具体的な提案がない」とあくまで拒否の意向をにじませた。「地元企業最優先」としていた当初の方針に反す...    
<記事全文を読む>