岡山県里庄町に練習拠点を置くアルコバレーノFCに所属する寄島中3年藤原代知さんは、サッカーJ2・愛媛FCのユース(U―18)入りを決めた。4月から松山市で1人暮らしをして高校に通いながら、トップチーム昇格を目指す。

 藤原さんは小学2年生のとき、寄島サッカースポーツ少年団でサッカーを始め、中学からアルコバレーノで練習。180センチの長身を生かした力強いシュートを武器にFWとして活躍している。

 アルコバレーノの桑田一典代表は「技術は未熟だが、常にゴールを意識して動くセンスの良さが評価されたのでは」と説明。複数のチームから勧誘を受ける中、藤原さんは「熱心に誘っていただいた。縦に速いプレースタ...    
<記事全文を読む>