サッカーJ2・モンテディオ山形の今季ホーム開幕戦となる19日の讃岐戦に向け、サポーターらが11日、試合が行われる天童市のNDソフトスタジアム山形の除雪作業に力を合わせた。

 毎年恒例の取り組みで、今回はサポーターとチームスタッフの計約60人が集まった。スタジアム南側のビジターチーム自由席には約20センチの積雪が残り、参加者は階段に設置した波板にスコップで次々に雪を投げ入れ、下部に流した。

 参加者からは「ホーム開幕戦が待ち遠しい」との声が聞かれ、上着を脱ぎ、腕まくりで作業する人も。山形市みはらしの丘1丁目の会社員柴田康之さん(47)は「今季のチームは前線からのハードワークに山形らしさを感じ...    
<記事全文を読む>