山口県議会は9日、一般質問があり、戸倉多香子(民進党市民フォーラム)、合志栄一(新政クラブ)、星出拓也(自民党)、石丸典子(公明党)の4氏が、上関原発問題や有機農業の推進、トップスポーツクラブを活用した地域振興、がん対策などを取り上げた。小玉典彦観光スポーツ文化部長は2017年度、サッカーJ2、レノファ山口と女子実業団バドミントンチーム「ACT SAIKYO」の集客力や情報発信力を積極的に活用し、地域活性化や交流人口拡大を図る考えを示した。星出氏の質問に答えた。

 星出氏は県が17年度当初予算案に盛り込んだ新規のトップスポーツクラブ連携・活用事業(予算額400万円)を踏まえ、レノファ山口...    
<記事全文を読む>