明治安田J2第2節第1日(4日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=5試合)水戸は金沢に4-0で快勝し、今季初白星を飾った。通算成績は1勝1敗、勝ち点3で順位は暫定6位。

 水戸が4得点を挙げたのは、4-1で勝利した2014年9月23日のホーム磐田戦以来約2年半ぶり。

 水戸は風下の前半、攻め込まれる場面が多かったが堅守で耐え、前半35分、橋本の復帰後初ゴールで先制。後半16分には林の移籍後初得点、同17分にオウンゴールで一気に突き放した。同39分には前田がリーグ戦初ゴールでダメを押した。■風に苦しめられた 水戸・西ケ谷監督 風に苦しめられた。前半苦しい状態で1点取れたことで、後半楽になった。...    
<記事全文を読む>