開幕4連敗中で今季初勝利を目指す大宮は4月1日、NACK5スタジアム大宮で鹿島と対戦する(19時)。チームは30日、さいたま市内で報道陣にのみ練習を公開して約1時間30分の練習を実施した。

 練習では8対5のポゼッションゲームを行った後、11対11で鹿島戦に向けた戦術練習に取り組んだ。主力組のボランチに金沢が入り、甲府戦同様にムルジャと大前が2トップを組んだ。渋谷監督が練習を止め、守備の規律やサイドバックのポジショニングを指示する場面も多かった。

 渋谷監督は2週間の中断期間について「4連敗から切り替える部分ではすごく良かった。苦しい状況で何を変えるべきか考えた。選手の特長を精査する時間だ...    
<記事全文を読む>