勝ち点7で6位の浦和は4月1日、アウェーで開幕4連勝中の首位神戸と顔を合わせる(16時・ノエスタ)。チームは30日、大原サッカー場で1時間10分の全体練習を実施。脚に張りがあるラファエルシルバは、室内やウオーキングで別メニュー調整した。

 練習の主なメニューはハーフコートを使っての11対11。主力組にはワントップに興梠、シャドーに李と武藤、ボランチは青木と阿部が組み、サイドは右に関根、左に宇賀神が入った。3バックは右から森脇、遠藤、槙野が並び、GKには西川。途中から青木に代わって、柏木が主力組のボランチに回った。

 タッチ制限などが設けられる中、主力組とサブ組ともに球際で激しい攻防を繰り広...    
<記事全文を読む>