浦和は28日、1日の休養日を挟み、大原サッカー場で4月1日の神戸戦(16時・ノエスタ)に向けて練習を再開した。

 フィジカル中心に1時間15分。バランスボールや器具、ゴムチューブを使い体幹などを鍛えるMSCSトレーニングを実施後、フィールドプレーヤーはステップワーク、スラローム走、坂道ダッシュ、4人一組でのパスアンドコントロール、最後はシャトルランで締めくくった。榎本、岩舘のGK陣は、GKメニューを消化した。

 またこの日は、今季初となるファンサービス日ということもあって、約750人のファン・サポーターが大原に駆け付けた。練習後、選手たちはサインや記念撮影に丁寧に応じていた。

 首位神戸との...    
<記事全文を読む>