J1仙台は23日、FW平山相太が左くるぶし付近を脱臼し、全治約3カ月の見込みと発表した。クラブによると、11日に手術を受け、23日までにチームドクターらが診断した。

 平山は元日本代表で、今季FC東京から完全移籍したばかり。仙台では、左足首の違和感を抱えて公式戦に出場していなかった。

...    
<記事全文を読む>