J1清水は21日、DF角田誠(33)に公式戦1試合の出場停止と制裁金を課すことを決めた。対象は4月1日の磐田戦(エコパ)。

 角田は18日の鹿島戦で相手選手に対し挑発行為を行った。左伴繁雄社長(61)は「本人は反省しているが、懲罰規定にのっとり処分した」と話した。クラブは既に鹿島側に謝罪し、公式サイトでも謝罪文を掲載している。

 21日の練習前に全選手の前で謝罪した角田は、「Jリーグ全体に悪い印象を与えてしまった。絶対にやってはいけない行為。しっかり受け止めた上で、チャンスがあれば清水のために仕事をしたい」と話した。

 クラブ関係者によると、角田は自主的に100万円分のホームゲームチケットを...    
<記事全文を読む>