先発出場した仙台のGK関がファインセーブを連発し、今季3度目の完封勝利につなげた。「粘り強く戦い、勝ち点3を持ち帰ることができた」と話した。

 柏に再三、ゴールを脅かされた。前半は左手だけでシュートを止める場面があったほか、後半にはいい飛び出しで失点のピンチをしのぎ、大勢のサポーターを喜ばせた。

 前節神戸戦はシュート11本を打たれ2点を失ったが、この日は15本浴びてもゴールを守った。「神戸戦はふがいない試合になったので」。悔しさをばねにつかんだ勝利でもあった。

...    
<記事全文を読む>